月別アーカイブ: 2019年12月

アイカツオンパレード!第11話の感想




アイカツオンパレード!第11話の感想

フェス本番
らきはあかり、
ゆめとフェスを回り、
数多くのアイドル達に
ステージやドレスを
見せてもらい、
交流を楽しむ。

ステージ
1回目は2wingS、
2回目はローラ、
3回目はあかりと
ゆめのユニット、
大空ドリームが担当。

エンディングは
モア・ザン・トゥルー。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

盛り沢山な内容で、
ついて行くのが
やっとでした。

アイカツ!シリーズは
色々なアイドルが
いるのが魅力の
1つですよね。

2wingSとローラの
ステージは、
昔より洗練されている
と感じました。

アイドル達が
自分の相方をお互いに
尊敬している姿勢が、
心温まります。

あかりちゃんと
ゆめちゃんが
顔を赤らめて
もじもじしていましたが、
「自分たちもステージを
 したくなった」みたいな
ことを言いだし、さすが
トップアイドル
だなと思いました。

その後、2人で練習を重ね、
見事なステージを
披露します。

エンディングが
男性バンドグループ、
モア・ザン・トゥルーの曲
だったのは驚きました。

過去作に登場した
キャラですので、
サプライズと言えますね。

次回は、クリスマスのお話とのこと。

ツリーとステージの
話をしていましたが、
今から楽しみですね。

関連記事:アイカツの感想


※2019年12月14日現在の情報です。

キラッとプリチャン第87話の感想




キラッとプリチャン第87話の感想

あんなとえもが喧嘩
あんなは色付きコーデを
獲得できなかったことを
気にして、家出していた。

えもの祖母に見つかり、
夕食に招待される。

えもの祖母は、
お泊まりも許可する。

ライブはえもが担当。

えももコーデを
取れなかったが、
気にしてないのを
あんなに叱られる。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

えもちゃんのおばあちゃん、
優しいですね。

プリチャンアイドルを
仕事と考えると、
あんなちゃん
プロ意識高いですね。

趣味の延長と考えると、
根詰めないで、
楽しもうとする
えもちゃんの
姿勢も分かります。

勉強にしても、
スポーツにしても、
アルバイトにしても、
何か頑張っていることを
否定されると
怒りたくなるの
よく分かります。

相手に事情がある場合は、
自分の方が恵まれてるから、
それくらい気にしないと
考えた方がいいですが。

会社の同僚なら、
苦しいときも
一緒ですので、
わかり合える
部分もありますが、
趣味の友達は、
わずかな違いで
喧嘩別れすることが
多いですので、
コミュニケーション能力が
高い方は人脈を広げられる
メリットがありますが、
残念ながら低い方は、
積極的に関わらない方が
いいかもしれません。

えもちゃんにとっては、
お金持ちのお嬢様である
あんなちゃんと仲良くなる
ことのメリットは大きいですし、
あんなちゃんにとっても、
幼馴染みのさらちゃんと、
めるちゃん以外の友達ができて
良かったと思います。

来週はえもとあんなが無人島に。

喧嘩したままですが、
仲直りできるのでしょうか。

関連記事:プリチャンの感想


※2019年12月8日現在の情報です。

スタートゥインクルプリキュア第43話の感想




スタートゥインクルプリキュア第43話の感想

えれなの涙
プリキュアは、
ノットレイダーを
追いかけ、
グーテン星へ。

グーテン星は、
テンジョウの故郷で、
そこでは鼻の長さが
ステータスであるが、
テンジョウの鼻は
短く、気にしていた。

えれなはテンジョウを
笑顔にできなかったこと
悔やみ、泣いてしまう。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

えれなさん、
素直になれて良かったですね。

身体的な特徴は、
生まれ持ったものですので、
からかってはいけないと
教わりますが、私を含め、
大抵の人は自分が困るまで
気付くことができません。

私は困ったことがありますので、
心身が不自由な方を
見かけたら、そっとしておいて
欲しいんだなと考え、
なるべく見ないようにします。

ですので、高額な費用など
の問題点もありますが、
整形手術で自信を付けられる
のであれば、それは、
悪いことでは無いと思います。

身体的な特徴の他にも、
親の経済力や学歴、
業務遂行能力や、
コミニケーション能力など、
努力で伸ばせる割合以上に
先天的な割合が高く、
平等では無いと言えますが、
恵まれた人はそれを
生かして欲しいと思います。

特に日本では、
新卒で入った会社で
ランク付けされ、
何らかの事情で
離職してしまうと、
這い上がるのは
難しいと言えます。

しかし、どのような
ご事情の方にも、
努力を続けて
欲しい思います。

テンジョウの
心の闇は深いと言え、
えれなさんが笑顔に
出来なかったのは
仕方ないと言えます。

えれなさんは、
テンジョウを含め、
みんなを笑顔にしたいと
正に太陽のような人です。

えれなさんのご両親は、
経済的にしっかり
されていますが、万が一、
通訳になれなくても
えれなさんの
相手のために
尽くす姿勢は
どんな仕事にも
役立つと思います。

来週はクリスマスのお話とのことです。

宇宙人の正体が
気になりますね。

関連記事:プリキュアの感想


※2019年12月8日現在の情報です。

アイカツオンパレード!第10話の感想




アイカツオンパレード!第10話の感想

フェス開催!
ラブミーティアと
アイビリーブの
パーティに
美月、ひめ、エルザ
が招待された。

らきはお手伝い係に
扮して潜入し、
イルカショーを披露。

ステージは
1回目はミライ、
2回目はカレン、
3回目は美月、エルザ、
ひびきが披露。

合同フェス開催
が発表された。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

今回も充実した内容でした。

初代のアイカツシリーズ、
スターズシリーズ、
フレンズシリーズの
先輩アイドル達が
勢揃いしたのは、
とても迫力がありました。

物語ですので、
大事には至りませんが、
らきちゃん、
どこにでも行って、
危なっかしいですね。

カレンさんが、
生徒である
小さい子達から
慕われてるのは、
良いなと思いました。

らきちゃんが来る
きっかけになったのは、
美月さんが、パーティを
知らせる手紙を送った
からだと思いますが、
的確なアドバイスを
していて、さすが
大先輩だなと感じました。

ステージ衣装は
みんな華やかで、
ドレスが好きな
らきちゃんが
分かりやすく
説明してくれた
のが良かったです。

3曲目がすごく懐かしく、
先輩アイドル3人での
ステージは、とても
神がかっていました。

合同フェスは、
クリスマスに向けて
ドリームアカデミーを
加えた5つの
アイドル学校の
アイドル達が
参加するとのことです。

今から楽しみですね。

次回は、アイカツニューワールドとのこと。

音城セイラさんと
音城ノエルさん
らしい人も見かけました。

来週も楽しみですね。

関連記事:アイカツの感想


※2019年12月7日現在の情報です。

キラッとプリチャン第86話の感想




キラッとプリチャン第86話の感想

あんなの努力
あんなは赤城家の忘年会で
ジュエルコーデ獲得を
目指し、練習していた。

しかし、両親が風邪で
寝込んでしまい
忘年会の準備を
担当することに。

あんなは手伝いを断り、
忘年会とライブを
両立しようとする。

忘年会は成功だが、
ライブで大成功
できなかった。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

両立難しいですよね。

大人でも何かすると、
別のことがおろそかに
なってしまいますので、
相手の期待値を
下げることや、
やらないことを
決めることが大切です。

赤城家にとっては、
ライブより忘年会の方が
大切だと思いますので、
あんなの選択は
間違っていないと思います。

自力で忘年会を成功させて、
ライブでも大成功
できなかったものの、
失敗しなかったのは、
努力の賜物ですね。

お金持ちは忙しいという
話ですが、あんなは
将来リーダーになるので、
手伝いの申し出を
素直に受け入れていれば、
ライブも大成功
できたと思います。

繰り返しになりますが、
忘年会を優先したのは、
責任感があり、とても
いいことだと思います。

ライブは新曲で、
衣装も華やかで
あんなの世界観が表現
されてて良かったです。

コーデに色が付いて
いなかったとのことですが、
まだ若いですので、再挑戦
してほしいと思います。

歳を取れば後が
なくなると言われますが、
資格試験は合格するまで
受験できますし、
就職試験で落ちても、
別の会社なら受験できます。

会社で続くかは、
社会のニーズや
本人次第ではありますが、
別の職場もありますし、
個人で仕事をしている人も
いますので、最後まで
諦めないで欲しいと思います。

来週も赤城あんなが主役です。
えもちゃんと一つ屋根の下
とのことですが、
お泊まりするのでしょうか?

プリチャンアイドルとしては
ライバルですが、
あんなちゃん、
友達にも恵まれて、
幸せそうですね。

関連記事:プリチャンの感想


※2019年12月1日現在の情報です。