プリキュア」カテゴリーアーカイブ

デリシャスパーティ♡プリキュア第4話の感想




詳細・申込はこちら→NURO 光

デリシャスパーティ♡プリキュア第4話の感想
ここねちゃん、良かったね。
個人的はここねちゃんが
笑顔になったシーンが
嬉しかったです。

私は「シェアする」
という考えは
あまり好きでは
ありません。

損得勘定が働いたり、
売り手側の視点に
なっているとは
自認できます。

相手からの見返りを
期待することは
良くないことですが、
相手に何か
してあげても、
自分が困ったときに
助けてもらえる
とは限りません。
恩を仇で
返されることも
少なくありません。

日本人はその傾向が
強いと言えます。

各個人が自分にとって
合理的な行動を
とった場合、
全体にとって良くない
結果になることを
合成の誤謬」と言います。

例えば、貯蓄は各個人に
とって良いことですが、
みんなが貯蓄
するようになると
物やサービスが
売れなくなり、
会社を解雇される
人が出てきて、
解雇された人は
物やサービスを
買えなくなるので、
さらに売れなくなり、
解雇が増えます。

各個人にとっては、
解雇されないことや
貯蓄することが
大切と言えますが、
社会問題の1つであり、
少子高齢化の
進んでいる国では
その傾向が
強いと言えます。

「囚人のジレンマ」、
「ゲーム理論」、
「共有地の悲劇」なども
本質的な部分は
同じと言えます。

経済の話では、
給付金や減税で
景気が良くなる
という考えと、
お金を発行
しすぎると
その国の信用が
なくなるという
相反する考え
があります。

これまでの歴史から
後者の方が正解に
近いと思います。

結果が一番大切なのは
言うまでもないですが、
努力した人はある程度
報われる社会になる
ことを願っております。

プリキュアの話に戻りますが、
作中でゆいがここねに
サンドウィッチを
あげようとする
シーンで一度は
「もう1個買ってくる」
みたいなことを
言っていたのが、
カフェの売上の
心配もできる子だと
伝わってきて
良かったです。

ここねがゆいに
サンドウィッチを
半分もらったお礼に
カレーパンを
半分差し出すシーンも
心温まりました。

画面の中のお話ですので、
「中学生なのに
お小遣いもらいすぎ」とか
「サンドウィッチと
カレーパンだと値段が
違うじゃないの?」と
いったツッコミは
本筋から少しずれて
いると思いますが、
「気づき」は大切だと
考えています。

次回も楽しみです。

関連記事:プリキュアの感想

詳細・申込はこちら→NURO 光



※2022年3月1日現在の情報です。

デリシャスパーティ♡プリキュア第3話の感想




詳細・申込はこちら→NURO 光

デリシャスパーティ♡プリキュア第3話の感想
ここねちゃん、頑張れ!
個人的にはここねちゃんが
一人で食事していた
シーンが気になりました。

お金持ちで中学生の
設定ですので、まだ
救いはありますが、
貧しい家庭の
未就学児と考えると、
気の毒に感じます。

幼稚園は私立が多く、
授業料が一定の
ケースが多いですが、
保育園は公立が多く、
親の所得に応じた
保育料のケースが
多いことは、
国の福祉が機能
していると考えられ、
喜ばしいこと
ではあります。

とはいえ、
急に子供が
増えた地域では、
保育園に入所できない
ケースも少なくなく、
母親が育児のため
仕事を辞めなくては
ならなくなり、
女性が活躍できない
だけではなく、
貧困に拍車が
かかってしまうケースも
見受けられます。

母親が育児が一段落して、
再就職しても、
最低賃金付近での雇用
しかないケースも多く、
女性にとって日本は
仕事によるキャリアと
出産・育児のどちらかを
選ばなければならない
社会であることを
肝に銘じなければ
なりません。

また、仕事を選んでも、
親の介護で離職される
女性も少なくありません。

我々男性は、
女性の大変さを理解し、
優しく接するよう
心がけたいものです。

プリキュアの話に戻りますが、
次回も楽しみです。

関連記事:プリキュアの感想

詳細・申込はこちら→NURO 光



※2022年2月20日現在の情報です。

デリシャスパーティ♡プリキュア第2話の感想




詳細・申込はこちら→NURO 光

デリシャスパーティ♡プリキュア第2話の感想
マリちゃん、優しいですね。
マリちゃんがゆいに
「あなたを戦いに
巻き込みたくない」
のようなことを
言っていましたが、
ただかっこつけて
いるだけではなく、
大人のふるまい
だなと感じました。

それに対して、ゆいは
「人のために」のような
おばあちゃんの
言葉を思い出し、
敵に立ち向かっていました。

プリキュアが
戦わなければ
「おいしーなタウン」
のある世界はいずれ
滅ぼされてしまいますが、
「クッキングダム」
の王から命を受けた
マリちゃんは、
ゆいを守ろうとします。

「ハリー・ポッターと賢者の石」で
ネビルがハリー達を
止めたことを思い出しました。

イギリスや架空の
魔法界が舞台で、
社会がそれほど
貧しくなかった
20年以上前の
作品ですので、
今の日本とは違いますが、
心配してくれる人は
大切にした方が
良いと思いますし、
反対意見にも
耳を傾けることは
組織を長続き
させるために
大事なことだと思います。

ゆいのおばあちゃんが
言っていることは、
一見、既婚者が上で
独身者が下だという
結論に飛躍しがちですが、
子供や配偶者を守るために
努力することは、
生物として自然で
素晴しいことですが、
親族のために
頑張ることも
良いことですし、
友人や後輩のために
頑張ることで、
彼ら・彼女たちに
喜んでもらえたり
苦労を軽減する
ことができます。
また、自分のために
頑張ることも
他人への迷惑を
減らすという意味で、
社会の役に立っています。

ですので、
マリちゃんの優しさと
ゆいの勇気、
どちらも賞賛に
値すると思いました。

もちろん、
現実の世界とは違いますが、
物語としてよく考えられて
いるなと思いました。

次回も楽しみです。

関連記事:プリキュアの感想

詳細・申込はこちら→NURO 光



※2022年2月19日現在の情報です。

デリシャスパーティ♡プリキュア第1話の感想




詳細・申込はこちら→NURO 光

デリシャスパーティ♡プリキュア第1話の感想
嫌みがないのが良いですね。

アニメのキャラクターですので、
誇張された表現はありますが、
視聴者が不快な気持ちに
ならない為の配慮が
随所で見受けられ、
よく勉強されていると
感心しました。

物語の中での当面の目標は、
「レシピッピを
救い出していくこと」
かなと思いました。

日本は食文化が
豊富ですので、
スタッフの皆様が
文化的背景を
大切にしたいという
思いも伝わってきて、
素晴しいと思いました。

メインターゲットの
保育園・幼稚園の
子供達にとっては、
食事を含めて、
「はじめての体験」の
連続かと思いますので、
保護者の皆様は
教育的観点も重要ですが、
良い思い出になるよう
見守ることができると、
子供達本人の
健全な成長に
つながると思います。

女性のきょうだいが
いる人は、男性でも
女児アニメに触れる
機会がある人も
少なくないと思います。

好きな女の子が
見ているからという理由で
女児アニメを見る
ませた男の子も
珍しくないと思います。

少し古い話ですが、
保育園は
厚生労働省の管轄で
8時間保育、
幼稚園は
文部科学省の管轄で
4時間授業
だったと思います。

共働きのご家庭が
増えたのに伴い、
保育園出身者が
増えたと推測
できます。

保育園出身者の方が
集団生活が長い分
社会で活躍できる
可能性が高いですが、
幼稚園出身者は
文化的背景を
大切にしている
保護者が多いと
思いますので、
才能を生かした
仕事で活躍できる
可能性が若干
高いといえます。

感染症の影響で生活に
必要ないものは淘汰
されつつありますが、
食事を含め、日本の
文化が後世まで残り、
世界中で愛される
ようになることを
願いたい
です。

プリキュアの話に
戻りますが、
来週以降の
展開も楽しみ
です。

関連記事:プリキュアの感想

詳細・申込はこちら→NURO 光



※2022年2月6日現在の情報です。

デリシャスパーティ♡プリキュアについて思うこと




詳細・申込はこちら→NURO 光

デリシャスパーティ♡プリキュアについて思うこと
キャラクターが
かわいいと思います。

この一言ですが、
セクシー系にするより、
キュート系にした方が、
保護者の方が安心して
子供に見せられるので、
よく考えられているな
と感心しました。

食事がテーマ
とのことですが、
人間が生きていく上で
衣食住は
必要不可欠ですので、
子供向けとしては
適切だと思います。

とはいえ、
食事はマズローの
欲求五段階説
(生理、安全、所属、
承認、自己実現の順で
下のレベルが満たされると、
上のレベルを求めるように
なる中で)最下位ですので、
「上のレベルを目指すことは
許されないことなのか」と
悪い方に考えてしまいます。

もちろん、
ご事情のある人の
立場で考えると、
「それができない
ご事情がある」ので、
その方々と比べると、
恵まれていることを
自覚しています。

現段階では、実家の太い方が
有利になることが多いですが、
その方の先祖代々の
努力の結果ですし、
あまり恵まれていない
環境から成り上がった方は
素晴しいと思いますので、
私も見習いたいと
考えています。

しかし、世界的に
「民主主義」が
揺るがされており、
資産を持つことや、
成り上がることが許されず、
働く場所を選べず、
最終的に戦争で
命を落とす社会に
なるのではと
懸念しています。

私が書かなくても
似たようなことを
書く人がいると思うので、
そうなってほしくない
という願いを込めて
書いています。

ITの普及で、中間層の
仕事がなくなり、
機械より安いとされる
下位層の仕事は残ると
考えられていましたが、
感染症の影響で
人々の価値観は変わり、
上位層の(より生産的な)
仕事が求められる
ようになりました。

飲食店を例にとっても、
これまで安い値段で
提供するのは
社会的な意義は
ありましたが、
これからビジネスを
継続するには、
高単価の予約客
(精算済み)のみに
提供するなど、
付加価値を
提供することが
求められる

考えています。

プリキュアの話に
戻りますが、
子供向けですので、
「みんなで食べるとおいしい」、
「作ってくれた人に感謝する」、
「食べる人のことを考えて作る」
など食育の話が
展開されていくと思います。

あまり教育的に
しすぎない方が、
楽しんで見て
もらえると思います。

メインターゲットの女児は
2~3年でプリキュアを
卒業していきますが、
健全に発達している
証拠だと思います。

バンダイ様は、
アイカツシリーズなど
次のブランドに
移行できると、
長くお客様でいて
もらえると思います。

私も引き続き、
プリキュアシリーズを
楽しく見させて頂きます。

関連記事:プリキュアの感想

詳細・申込はこちら→NURO 光



※2022年1月11日現在の情報です。