ヒーリングっど♥プリキュア第17話の感想




最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ

ヒーリングっど♥プリキュア第17話の感想

相手の視点
ちゆは欠勤する
仲居2人のかわりに、
弟と実家の旅館を手伝う。

大女将である祖母は、
客を喜ばせようと
客の好みに
会わせてもてなす。

ちゆは外国人の女の子を
笑顔にするため、公園を
シンドイーネから守る。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

ちゆは、将来、実家の
旅館を継ぎたい
という明確な目標を
持っているのがいいですね。

のどか達と医療者を
目指すと考えていたので、
少し意外でした。

ひなたは何をしたいか
まだ決めていない
とのことで、
のどかは明言して
いなかったと思います。

ちゆのおばあさんの
心遣いが素晴らしいですし、
ちゆのお母さんも
英語での接客を
試みていて、経営の
付加価値の部分に
当たると考えています。

ちゆは外国人の家族に
町を案内することを
任せられ、女の子が
公園に興味があることを
見抜き、足湯で公園が
好きな事を聞き出し、
翌日案内することを
約束していました。

お客様ではありますが、
相手の目線に立って
物事を考えて実行
できることの積み重ねが
信頼に繋がると思います。

シンドイーネの襲撃の時、
ちゆが「女の子を喜ばせたい」
みたいなことを、
のどかとひなたが
「公園を守る」
みたいなことを
言っていたのが、
本心からの優しさが
伝わってきました。

翌日、女の子を
公園に案内した時、
最初は身内で
遊んでいましたが、
地元の子ども達の方から
混ぜて欲しいと
歩み寄ってきてくれて、
近日引っ越してくる
女の子が地域に馴染めて
良かったと思いました。

相手のできないことや
面倒なことを
かわりにやって
対価を頂くのが
ビジネスの基本で、
ちゆの実家である
「沢泉」は
他の旅館より
料金が高いと
推察できますが、
この外国人の家族にとって、
それ以上の価値を
感じることができ、
「また利用したい」と
考えたと思います。

来週はニャトランが
恩返しする
とのこと。

次回も楽しみです。

関連記事:プリキュアの感想

最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ


※2020年7月26日現在の情報です。