スタートゥインクルプリキュア第49話(最終回)の感想




最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ

スタートゥインクルプリキュア第49話(最終回)の感想

夢のお話
ひかるが目覚めると
フワの力が回復
したとのことで、
ララ・ユニと再会し、
プリキュアに変身する。

ひかるが再び目覚めると
大人になっていて、
宇宙飛行士として
有人ロケットで旅立つ。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

「寝て見る夢」と
「目標を叶えた夢」、
どちらも「夢」のお話です。

前半も大人になった
ひかるが昔を思い出して
見た夢だと思います。

すでに失敗してしまった
大人は、可能性が残っていた
昔に戻りたいと思うので、
夢を見ている時は
楽しいと思います。

もっと若い人は、
生まれた時から
貧しい人が多いので、
金持ちに生まれたかった
と思う人も多いと思います。

コミュニケーション能力が
全てに近づきつつありますが、
美男美女に生まれたかった人や、
何でもそつなくこなせる天才に
生まれたかった人も
いると思います。

後半は、目標に向かって
努力を続けた結果、
実現した夢のお話です。

恵まれた環境でなければ、
結果を出すのは難しいですが、
恵まれた環境であっても
努力しない子への
教訓になったと思います。

しかし、進路について
雇われるのが全て
みたいな考えを
押しつけてるように
感じました。

ひかるは大学の高等教育を
受けることが出来ましたし、
えれな、まどかも
高等教育を受けたと
推察出来ます。

しかし、ララは
義務教育の途中まで
しか受けておらず、
ユニは教育そのものを
受けていません。

ご家庭の事情で
早く働かなければ
ならない方も多い
かと思いますが、
特段の事情が無い限り
高校までの中等教育は
卒業した方が
良いと思います。

女性の場合、事実上、
出産のタイムリミットが
あり、早く社会に出た方が
より多くの子を残せる
可能性がありますので、
どのような人生を
送りたいのか、男性より
早く決める必要があります。

今回のプリキュアの話では、
ひかる、えれな、まどかは
「なりたい職業に就く」
ことで夢を叶え、
ララとユニは
「与えられた仕事をこなす」
ことで、夢が叶わなくても
働くことを示したと思います。

24歳くらいに見えるので、
社会で活躍する女性を
描きたかったと思いますが、
一人くらい育児に
専念する元プリキュアや
起業する元プリキュアが
いても良いと思います。

男性の賃金が下がっている
ので、共働きしなければ
生活が大変になってきて
いますが、仕事はお金を
得る手段ですので、
一つの職場の仕事のために
命を落とすのは
本末転倒だと思います。

シリーズを通して
見たのは久しぶり
でしたので、1年間
プリキュアを楽しめて
良かったです。

来週から新作「ヒーリングっと
プリキュア」
が始まる
とのことです。

夢の世界に現れた
のどかちゃん、
可愛かったですね。

展開が楽しみです。

関連記事:プリキュアの感想

最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ


※2020年1月29日現在の情報です。