女児アニメの魅力





キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

女児アニメの魅力
私が女児アニメにはまったきっかけは、
おジャ魔女どれみです。

中学生の頃、友達に勧められ、
怖いもの見たさで見てドハマリしました。

高校進学と同時に
女児アニメから一旦離れました。

最初の会社をクビになって傷心の時、
会社の先輩が
しゅごキャラ!面白いよ」と
言っていたのを思い出して見たのを
きっかけに女児アニメ界隈に戻ってきました。

その後再就職して、経験を積んだ後、
個人で仕事をしています。

私のプロフィールは運用サイトを
くまなく読んで頂ければ
分かると思いますが、
この記事で職歴の一部を紹介しています。

今、一番好きな女児アニメは
アイカツフレンズ!」です。

プリキュアシリーズで、
敵役が「やっても意味が無い」
みたいなことを言うシーンが
ありますが、自分の事を
言われているように感じたり、
キャラクターが言う決めゼリフ
例えば、アイカツスターズ!の
虹野ゆめの「いつか絶対アイドルの
一番星になる」みたいなセリフを、
母と話するときに、「そのうち
金持ちになりたい」と話すなど、
自分も似たような事を言っていて
恥ずかしく感じて、精神的に辛く
女児アニメを見れない
時期もありました。

私は人の趣味を否定することは
良くないと考えていますが、
世間一般から見れば、
少女向けアニメにはまっている
成人男性は気持ち悪いですし、
偏見を持っている人もいるので、
職場でカミングアウトしない方が
穏やかな生活を送れます。

普通の人は生活するために
お金を稼ぐ必要があります。
給料を頂く為に会社へ行きますが、
会社は給料の他に、
社会保険料や年金などを払ってくれ、
仕事をするための環境も
与えてくれています。
給料も何倍も売上を上げているのにと
言う人もいますが、一人ではできない
仕事もチームで分担しているから、
今の業務に専念することができます。
また、お金を頂いて経験を
積むことができるので、
独立を目指すことや、
転職が必要になったときに役立ちます。

そのため、現在会社勤めの方は、
仕事と趣味のどちらが大切か、
考えて行動した方が良いと思います。

アイカツフレンズの話に戻りますが、
夢に向かって努力する
単純明快なわかりやすさが
面白さの秘訣だと考えています。

広告の世界では、
「バカにも分かることが大事」と
よく言われます。
今の時代、バカと言うのは、
あまり良くないと考えてます。

この場合、メインターゲットを
指していて、メインターゲットは
女子小学生とのことです。

子供にわかりやすく作れば、
かつて子供だった一部の大人にも
共感を得られるという
寸法だと思います。

一番の目的はお店で遊んで
もらうことだと思いますが、
アイカツおじさん
(実際にはお姉さんが多い)が
遊ぶことで、メインターゲット
(いわゆる幼女先輩)より
多くのお金を落としてくれるので、
メーカーにとっても
利益があると考えています。

ここまで女児アニメ
(主にアイカツ)の
魅力
を書いてきました。

機会があれば、プリキュアや
プリチャンの魅力も
書きたいと思います。

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】




※2019年7月25日現在の情報です。