キラッとプリチャン第83話の感想




最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ

キラッとプリチャン第83話の感想

不思議な出来事
ミラクルキラッツと
だいあ達は、
キラ宿堂の手伝いの為、
書店街のキラ保町に向かう。

書店のジコウドウで、
絵本を探していると、
不思議な事が起こり、
登場人物の
ケンジントン達が出てきた。

ケンジントン達と番組を配信。

ライブはりんかが担当。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

子供の頃に、知り合いの
お店のお手伝いをするのは、
なかなか貴重な経験ですよね。

経営の勉強の為、アルバイト先を
大手チェーン店にする
学生さんがいるくらいですから。

反対に、インターンシップでは、
お客さん扱いされる事が多いようですが、
優秀な学生を他社に引き抜かれないよう、
各社しのぎを削っているのでしょう。

好きなものがあることはいいことですね。
だいあちゃん、すごく嬉しそうでしたし、
ミラクルキラッツも楽しんでましたね。

絵本にも色々な種類があり、
すぐに思いつくものだけでも、
昔からの名作、絵が綺麗な作品、
子供にとって文字が多い作品
などがあります。

あまり、教育色が強すぎると、
子供から嫌われてしまいますが。

ケンジントン達の悩みは、
「新しい作品が増え、
 自分たちが読まれる
 機会が減った」とのことでした。

私は新しい作品が出ることは
作家さんが収入の機会を得ること
ですので、良いことだと思います。

「自分たちが読まれる
 機会が減った」と言ってますが、
当時の子供達に読まれたので、
役目を果たしたと言えます。

ケンジントン達は、
当時の読者であった、
だいあ達にまた遊んでもらえて
幸せだと私は考えています。

彼らにとっては、
永遠に続く時間の中で、
10年程前に読まれたのと、
今遊んだ、2回しか楽しい思い出はなく、
そう考えると可愛そうではありますが。

来週はロケットの打ち上げイベントに行くとのことです。
みらいちゃん、宇宙に
飛ばされちゃうのでしょうか!?

関連記事:プリチャンの感想

最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ


※2019年11月10日現在の情報です。