投稿者「Girlanimeuncle.com」のアーカイブ

キラッとプリチャン第84話の感想




最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ

キラッとプリチャン第84話の感想

宇宙の話
ミラクルキラッツは
ロケットの打ち上げ
イベントに呼ばれ、
だいあと一緒に行く。

そこで、星姉ぇに出会う。
彼女はみんなが宇宙に
興味を持って欲しいらしい。

みらいは宇宙に
飛ばされそうになるが、
アトラクションだった。

ライブで新曲と
新衣装を披露する。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

宇宙展をみんなで
楽しんでいる感じが
個人的に大好きです。

プリチャンは
色々な人が出てくるのが、
すごく良いですよね。

興味心旺盛な所も
みらいちゃんの魅力ですね。
地球に帰って来られなく
ならなくて良かったです。

ライブの曲は、星姉ぇが
作ったものを、みらい達が
今風にアレンジしたとのこと。
衣装も宇宙感があって、
とても似合っていました。

来週はすずのお兄さんのお話とのことです。
何があったのか気になりますね。

関連記事:プリチャンの感想

最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ


※2019年11月17日現在の情報です。

スタートゥインクルプリキュア第40話の感想




最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ

スタートゥインクルプリキュア第40話の感想

優しい世界
役人であるまどかの父は、
ララが宇宙人ではないかと
疑惑を持ち、桜子に接触。

桜子は記憶を失った時に
ララがいたと話してしまう。

カッパードの襲撃に対し
ララはクラスの皆を守ろうし、
ひかる達も変身する。

皆に正体がバレるが
受け入れられる。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

まどかのお父さんは、
職務を全うしようとして、
ララを調べているので、
ララをいじめるのが
目的ではありません。

桜子は年相応の女の子ですし、
大人であっても、
自分が大切なので、
不思議な体験を話すと思います。

ララは宇宙人である
自分に優しくしてくれた
クラスのみんなを守ろうと、
カッパードに立ち向かいます。

ひかるは、ララの友達だから、
自分がプリキュアであることが
バレるのにも関わらず変身し、
まどか、えれな、
ユニも加わります。

ララはトゥインクル
イマジネーションを獲得し、
カッパードを追い払います。

クラスメイトは戦いを
目撃しましたが、
まどかの父には、
「ララは友人だ」
みたいなことを話します。

みんなの絆は
より一層強くなりました。

クラスメイトは、
「ララが自分たちを
 守ってくれる存在だ」と
認識することができ、
とても賢いと思います。

ララやひかる達は、
女の子なのに、
みんなを守るヒーローで、
子供達や、かつて子供だった
みんなの憧れですね。

来週はまどかが留学について悩むとのことです。
自分なりの答えを出せるといいですね。

関連記事:プリキュアの感想

最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ


※2019年11月17日現在の情報です。

アイカツオンパレード!第7話の感想




最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ

アイカツオンパレード!第7話の感想

ソレイユ登場!
らき達が辿り付いたのは、
とある商店街。

いい匂いにつられて
弁当屋に行く。

そこはいちごの実家で、
あおいと蘭も
手伝っていた。

らきはライブの、
手伝いを申し出る。

あいねとみおは
店を手伝う。

ステージは、
蘭、あおい、いちごの
順番で披露された。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

遂に星宮いちごちゃん達、
初代メンバーメインの
お話が来ましたね。

いちごちゃん、
神がかっていて、アイカツ界の
サラブレットですよね。

あおいちゃんは、
アイドルが好きすぎて、
止まらなくなっちゃうことも。

蘭ちゃんはツッコミ役。
恥ずかしがり屋な一面も。

いちごのお母さんの
りんごさんや、
弟のらいちくんも
元気そうで良かったです。

りんごさん、あいねちゃんと
みおちゃんにいちごちゃんを
重ねて思い出話してましたね。

ライブ会場では、
見覚えのある名前のアイドルから
花が届いていましたね。
今後の展開が楽しみです。

織姫学園長、
オンパレードでは初登場かも。

ソレイユの3人、
リハーサルも全力で、
プロ意識が高いですね。

ステージでは、
アイドルもドレスも美しくなり、
CG技術の進化に感動しました。

いちごちゃんが、
「大きいライブ会場のお客さんも
 小さい弁当屋のお客さんも
 大切で笑顔にしたい」
みたいなこと言ったのが、
すごく刺さりました。

自分や家族のため、
会社・お店のために働きますが、
お金を払ってくれる
お客さんがいるから
仕事を続けられる。

お客さんに感謝することは、
仕事をする上で
一番大切なことです。

嫌な店員がいる店には
行きたくなくなるので、
私も気をつけたいと思います。

日本では、
企業の力が強くなりすぎ、
内部留保が増え、
従業員はおろか、
客や株主への還元も
減らす傾向にあります。

国も企業減税など、
大企業寄りの政策に
なっていますが、
労働者の収入を増やす
政策が行われれば、
消費が拡大し、景気回復
すると考えています。

個人で働いた事がある人から
すれば切実な問題ですが、
普通の従業員からすれば、
会社を離れてしまえば、
関係ないことですので、
経営側の方は、採用を
慎重に行う必要が
あると思います。

スタッフの
「本番4分前です」
みたいなセリフがありました。

高校生のアルバイトでも、
賃金が発生すればプロですが、
中1から働いてるアイドル達、
本当に凄いですね。

次回予告では、来週も引き続き
ソレイユが登場し、
ドレスを作るとのことです。

アイカツ伝統の崖登りや、
重量引きのシーンもありました。

ユニットでのステージも
見られるのでしょうか?
来週も楽しみですね。

関連記事:アイカツの感想

最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ


※2019年11月16日現在の情報です。

キラッとプリチャン第83話の感想




最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ

キラッとプリチャン第83話の感想

不思議な出来事
ミラクルキラッツと
だいあ達は、
キラ宿堂の手伝いの為、
書店街のキラ保町に向かう。

書店のジコウドウで、
絵本を探していると、
不思議な事が起こり、
登場人物の
ケンジントン達が出てきた。

ケンジントン達と番組を配信。

ライブはりんかが担当。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

子供の頃に、知り合いの
お店のお手伝いをするのは、
なかなか貴重な経験ですよね。

経営の勉強の為、アルバイト先を
大手チェーン店にする
学生さんがいるくらいですから。

反対に、インターンシップでは、
お客さん扱いされる事が多いようですが、
優秀な学生を他社に引き抜かれないよう、
各社しのぎを削っているのでしょう。

好きなものがあることはいいことですね。
だいあちゃん、すごく嬉しそうでしたし、
ミラクルキラッツも楽しんでましたね。

絵本にも色々な種類があり、
すぐに思いつくものだけでも、
昔からの名作、絵が綺麗な作品、
子供にとって文字が多い作品
などがあります。

あまり、教育色が強すぎると、
子供から嫌われてしまいますが。

ケンジントン達の悩みは、
「新しい作品が増え、
 自分たちが読まれる
 機会が減った」とのことでした。

私は新しい作品が出ることは
作家さんが収入の機会を得ること
ですので、良いことだと思います。

「自分たちが読まれる
 機会が減った」と言ってますが、
当時の子供達に読まれたので、
役目を果たしたと言えます。

ケンジントン達は、
当時の読者であった、
だいあ達にまた遊んでもらえて
幸せだと私は考えています。

彼らにとっては、
永遠に続く時間の中で、
10年程前に読まれたのと、
今遊んだ、2回しか楽しい思い出はなく、
そう考えると可愛そうではありますが。

来週はロケットの打ち上げイベントに行くとのことです。
みらいちゃん、宇宙に
飛ばされちゃうのでしょうか!?

関連記事:プリチャンの感想

最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ


※2019年11月10日現在の情報です。

スタートゥインクルプリキュア第39話の感想




最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ

スタートゥインクルプリキュア第39話の感想

テンジョウさん…
英語のスピーチコンテストの
代表にえれなが選ばれる。

指導をしたいという
人物が現れるが、
変身したテンジョウだった。

テンジョウの指導で、
えれなはつらかった
経験を話するが、
みんな違うことに気付き、
笑顔や家族の大切さを語った。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

テンジョウさん、キレがありますね。

「この世には上と下しかない」や、
「笑顔に何の価値がある」
みたいな真理をついた
ことを話していました。

疑問を持つことや、
考えることは
悪いことではありません。

資本主義にも
デメリットはありますが、
社会主義のように、自由が
全くない訳ではないので、
子供達が「上の者」になる
チャンスが全くない
訳ではありません。

もちろん、裕福な家庭の子
の方が有利ではありますが、
先祖代々の努力の積み重ね
でもあるので、
完全に否定するのは
間違ってると思います。

5年くらい前に流行った、
学習の場としての
ワークショップで、
ゆさぶりをかけることで、
違う方向から考える
きっかけになるのですが、
今回テンジョウさんが
したのは正しくこれで、
ちゃんと先生してましたね。
(変装して潜り込むのは
 悪いことですが。)

この考え方は、
体験型施設のイベントなどに
生かされているので、
いい取り組みだと思います。

笑顔にしてた方が、
相手に喜ばれますが、
辛いときは辛い顔をした方が
普通の人はこれ以上
負担をかけるのはやめようと
思ってくれるので、
自分のためになると思います。

えれなさん、
テンジョウにも感謝して、
リスペクトできる、
とても素敵な人ですね。

何日も無断欠勤させられて、
ノットレイに変身させられた
校長先生は可愛そうでしたね。

来週はララの正体がバレるかもとのことですが、
バレても受け入れられるといいですね。

関連記事:プリキュアの感想

最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ


※2019年11月10日現在の情報です。