キラッとプリチャン第71話の感想




最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ

キラッとプリチャン第71話の感想

えもちゃん、人間らしい
えもは「将来、
何になりたいか」が
課題の作文を
書けずにいた。

夏祭りの出し物で
弟の彼女を元気づける。

なる店長の話を聞き、
まだ迷ってて
いいことに気付く。

えもが新曲を披露するが、
ジュエルコーデは
獲得できず。

宿題もまだ残っている。

※ここまでTwitter風に
 140字以内で書きました。
 さらに追記するとこんな感じです。

かつて子供だった
大人に向けた話だと思います。

今の子供は、親が金持ちで
何にでもなれる子と、
親が貧しく、進路が
制限されてしまっている子に
2極化していて、これから
親が貧しい子の方が
増えていくと思います。

金持ちな親ほど子供にアニメを
見せたがらないので、
親が貧しい子がこの話を見て、
寂しい思いをしたのでは
ないかと思います。

大人になってから
逆転できないことはないですが、
教育や経験に差があるので、
かなり厳しいと言えます。

親が金持ちでも会社員に
向かない子は、一定割合で
いますが、基本的には、
親の所得に応じて、貧富の差が
再生産されるからです。

さらに、女性の場合は、
結婚や出産で離職する人が
多いので、企業も採用に
慎重になると思います。

ここまで子供がなれる職業の話を
してきましたが、次は子供が
なりたい職業の話をします。

スポーツ選手や芸能人は
なるのが大変ですが、
子供らしくて良い夢だと思います。

社長はなるだけなら
小学生でもなれますが、
続けるのは大変です。

企業の部長や課長になれる人は
能力が高いと言えます。

youtuberやゲーム配信者は、
ハイリスクですので、
職業としてはどうかと思いますが、
子供らしくて良いと思います。

お嫁さんが悪いと言う人がいますが、
社会で働くことだけが幸せでは
ないので、私は良いと思います。

最近、「公務員になりたい」と
いう子供が増えています。
本人が公務員になりたいなら、
それでいいのですが、
親に言わされている感が強く、
公務員になれなかったとき、
腐ってしまわないか心配です。

医者や弁護士も似たような
構造ですが、こちらは
なるのが非常に難しいので、
なれなくても次の目標を
見つけられると思います。

会社員になりたいという子は、
現実的ですが、もしかしたら、
明るい未来を夢見ている子も
いるかもしれません。
将来、こういう子が輝ける
社会になるといいですね。

プリチャンの話に戻ります。

えもちゃんがジュエルコーデを
獲得できないのは、
筐体や宣伝の都合もありますが、
能力が足りていないからと
勘ぐってみたり、
宿題をやらないことについて、
年相応の幼さを感じたり。
宿題を丸写ししないで、
自力でやろうとしている
姿勢は評価できますが。

宿題をやらないことで
将来困るのは自分ですが、
入った会社の先輩や上司、
持って生まれた要領の良さなど、
運の要素も大きいと思います。
親が金持ちかで大体決まりますし。

親がお金持ちでない方も、努力次第で
状況が良くなる場合もありますので、
努力を続けることをおすすめします。

※私は親に感謝していますが、
 サイトを読んで頂いた方に
 一般教養として知っておいて
 欲しかったので、書きました。

次回は海、水着回。
リングマリィの2人が主役で、
水泳が苦手なすずに、
まりあが付きっきりで
教える話だと思います。

関連記事:プリチャンの感想

最短当日出荷!パソコン通販ならドスパラ


※2019年8月18日現在の情報です。